転職エージェントとは | 初めて転職エージェントを利用する際のスタートガイド

転職エージェントのイメージ

転職エージェントとは、転職を希望する方が利用する転職サポート支援の一つで、転職サイトとは違って転職者1人1人に担当がつき、面接や履歴書の書き方を教えてくれるアドバイザーのことです。

転職後のキャリアプランを一緒に考えてくれますし、応募先企業の相談や業界の知識を教えてくれるだけではなく、面接対策や給与交渉といった、個人ではなかなか行えない作業を代行してくれる、パートナーのような存在といっていいでしょう。

 

転職エージェントを利用するとやってくれること

転職のサポート全般を行ってくれる便利なものではありますが、実際に転職エージェントを活用すると何をしてくれるのかはきになる部分だと思いますので、その辺りをちょっと掘り下げていきましょう。

求人紹介 転職エージェントの一番の役割は、転職者に対して希望の企業を紹介することです。転職サイトには載っていない非公開求人を紹介できるのが転職エージェント最大の強みになるので、アプローチ数を増やせる、通常では応募できない企業に転職するチャンスがあると言うのは大きな魅力でしょう。
キャリア相談 そもそもなぜ転職をしたいのかとうことをヒヤリングしながら、あなたがこれからそういったキャリア形成をしていくのがベストなのかの相談に載ってくれます。場合によっては今の会社に残って頑張ると道も提示してくるでしょう。
履歴書・職務経歴書の添削 初めて転職する方によくあるのが履歴書や職務経歴書の受かる書き方を知らないと言う点です。面接をして内容を聞かれるとはいえ、誰が見てもあなたの経歴が伝わる、凄さを理解できるようにするにはちょっとしたコツが必要なので、そういったテクニックも教えてくれます。
面接対策 履歴書や職務経歴書と同様に、企業との面接前に対策をしてくれます。どういったことを聞かれるのか、答えにくい質問が来た時の返し方などがわかるでしょう。
面談日時の調整 忙しいあなたのために、転職エージェントの方が企業との面談日時の調整をしてくれます。
企業交渉 例えば給与がこのぐらい欲しいなどや、希望のポジションがあった場合に転職エージェント側が企業との交渉を行って、できるだけ希望の内容にそうような内容に話をしてくれるのも、転職エージェントを利用するメリットといえます。

ちなみに、転職エージェントは完全無料で利用できます。これだけのサービスを受けて無料と言うのは若干胡散臭いと感じるかもしれませんが、転職エージェントは求人を出している企業サイドからお金をもらって運営をしています。

いくらもらっているかは、各転職エージェントで違いはありますが、概ね「転職者の前職の年収の30%〜40%」と言われています。

年収600万円だった場合:
600万円 × 30% = 180万円

転職成功で1人180万円の報酬。だからこそ転職者には無料でサポートしてくれるというわけです。

職安法32条の3第2項で手数料を取ることが禁止されている

(手数料)
第三十二条の三  第三十条第一項の許可を受けた者(以下「有料職業紹介事業者」という。)は、次に掲げる場合を除き、職業紹介に関し、いかなる名義でも、実費その他の手数料又は報酬を受けてはならない。

○2  有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。ただし、手数料を求職者から徴収することが当該求職者の利益のために必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、同項各号に掲げる場合に限り、手数料を徴収することができる。
引用元:職業安定法第32条

つまり、そもそも転職エージェント会社の方は、企業からしかお金を取れないということになりますね。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトは自分で全ての転職活動を行わなければいけませんが、転職エージェントを利用する場合は上記のようなサポートを受けられるのが大きな違いといえます。

転職エージェント 転職サイト
手軽さ カウンセリングを行って一緒にキャリアプランを立てていく。 求人応募、面接時期を自分で決められる分、手軽さある。
求人数 キャリアプランをに合った求人を厳選してご紹介します。非公開求人も多数。 非公開求人以外はすべて応募が可能。
企業の情報量 求人サイトには載っていない企業文化なども知ることができる。 求人サイトで公開している情報のみ確認可能。
サポート体制 適性と希望を理解した上で最適な業界、職種、企業を一緒に考えてくれます。 転職のノウハウなどを読んで、自分ひとりで行う形になります。
交渉
面接設定
企業への応募から面接設定、入社の条件交渉などもキャリアコンサルタントがすべて行います。 応募や面接設定、給与交渉などすべてご自身で行います。
入社成功率 職務経歴書の書き方から面接対策、採用担当者が見ているポイントなどをアドバイスしてくれるため、内定率が格段に上がります。 求人サイトや他の情報源から学んだことを活かして面接に挑みます。頑張り次第でしっかりと入社を勝ち取ることができます。

 

転職エージェントを利用するメリットとデメリット

次に、転職エージェントを利用する場合のメリットとデメリットについて考えていきましょう。

メリット デメリット
  1. 転職活動のサポートを無料で受けられる
  2. 自分のキャリアを見つめ直すことが可能
  3. 非公開求人を探してきてくれる
  4. 面接では伝えきれない魅力を人事に伝えてもらえる
  5. 面倒な手続きを代行してもらえる
  1. 営業トークで誤った転職をしてしまう可能性もある
  2. 転職市場が低い業界の場合はサービスを受ける利点が少ない
  3. 電話や面談が入るため転職に時間がかかる
  4. 学歴や経歴を基にしているため機械的な転職になるケースもある
  5. 3か月以内などサポート期間が限られるエージェントもある

なにがメリットになって、何がデメリットになるかは利用者次第ではありますが、メリットとデメリットを比較して見て、自分にあっていると感じる方を選択していくことが大事ですね。

 

5つのタイプ別!転職エージェントを利用すべき人の特徴

色々なメリット・デメリットがある中で、どんな方が転職エージェントの利用に向いているのかどうかを考えてみました。

今後の転職業界や職種に悩んでいる方

例えば、初めて転職活動をするであろう20代の方は良いと思います。退職したい理由は明らかになっていたとしても、次に転職したい業界や仕事については漠然としている場合も多いでしょう。

実際、25歳〜27歳が最も多い転職年齢と言われていますが、新卒から計算しても約4年、5年程度のまだまだ若い方です。色々なことに挑戦したいと言う気持ちも大きいかと思いますが、その年齢になればある程度のスペシャリストになる必要がありますから、下手に転職するとキャリアダウンになってしまう可能性もゼロではありません。

例:営業の場合のキャリアアップイメージ

営業のキャリアアップイメージ

営業の場合のキャリアアップイメージ

転職エージェントは転職の成功事例や失敗事例も多く見てきた方々ですので、ある程度の未来を相談できると言う点ではおすすめです。

未経験業界や職種にチャレンジしたい人

基本的に転職活動は孤独な戦いのうえ、情報収集がモノを言うといっても過言ではありません。未経験の業界ともなれば詳しい内情を知らない方がほとんどです。

業界毎の強みを持つ転職エージェントからすると「その会社に行くんだ・・」というケースもよくあるようで、業界へのイメージだけで決めてしまうと、実際に入社した時のギャップが大きく、すぐに転職を勧化始めることになりかねません。

業界特化型の転職エージェントを活用することで、業界の人しか知らないような構造や将来性、具体的な仕事内容の情報を提供してくれますから、実際の「カンジ」を掴んでおくことで内定率も上がりますし、入社後の定着・活躍にも繋がるでしょう。

仕事のやりがい
やりたい仕事ができている 33.1% 誰かの役に立っている実感がある 29.1%
お客様から感謝されている 20.5% もともと働くことが好き 18.6%
自分が成長している実感がある 18.1% 社会に貢献している実感がある 15.6%
上司から頼りにされている 15.6% 同僚・部下から頼りにされている 14.2%
よい評価を得ている 13.2% 会社に貢献している実感がある 12.1%
納得のいく収入が得られている 11.7% 業務目標を達成できている 10.1%
家族から感謝されている 9.1% 望んだ役職に就けている 6%
その他 6.7%

参考:第 3 回「ビジネスパーソン 1000 人調査」働き方に関する意識|女性が描く活躍イメージは「子育てしながら管理職・専門職で働く

仕事における満足度は同じ環境でも人によって妥当な期待値を持っている場合もあれば、好きな仕事をしているだけ満足できる方もいるので、次の仕事の期待値を調整する役として、転職エージェントを使うのは良いと思います。

面接に自信がない|客観的目線で対策をしたい人

面接など新卒の就活以来やっていないと思いますので、面接を成功させるプロであるエージェントに面接対策をしてもらいことには大きな意味があります。とくに営業職の転職を考えている方は自分が思っている以上に厳しい面接になると考えておいていいでしょう。

事前に面接官・採用側の目線で、よく質問されるポイントなどを確認できれば、より内定率をあげることもできるでしょう。

書類選考の通過率をできるだけ高めたい人

主に学歴に自身がない方や、書類で何を書けば良いか定まっていない方などに有効です。書類の通過にもいくつかポイントがあって、書類選考が突破できないと転職活動も始まりません。転職サービス大手の「DODA」のデータでも下記のような記載がありました。

『13.1社に応募した人は、3.2社の一次面接を受け、次のステップに進めた0.8社の中から内定を得ている』ということになります。つまり単純計算、1社以上の内定を得るためには17社への求人応募が必要であり、こう考えると、13.1社という平均応募社数でも、十分な数ではないということが分かります。
引用元:“書類通過率と一次面接通過率” のリアル

書類通過率:24.3% 一次面接通過率:25.2%

単純に考えても10人に2人しか通過しないというかなりシビアな状況ですので、書類審査対策がどれだけ重要なことなのかがおわかりいただけると思います。

なぜ書類通過率がこんなにも低いのか?

  1. 1つ目はどこでもいいから受かればいいと考えている
  2. 2つ目は応募が多すぎて細かく見れないから

上は今までの経歴やスキルでは受からないであろう求人を受けてしまったパターンでわかりやすく、落ち続けるのは当然でしょう。

2つ目はそもそも大手や人気の高い企業であった場合、求人が出てば応募したい人はいくらでもいますので、多くのエントリーを一斉に処理しがちです。時間のないなか他の候補者と比較すれば、単純に学歴や書類上でも結果の目立つ人しか通過しない状況が起こるのも納得ですよね?

もちろん、直接会えば人柄なども評価され、内定に至る可能性も高いとは思いますが、可能性が高いという段階に持っていくためにも、転職エージェントの利用が役にたつかもしれません。

ブラック企業に引っかかりたくない人

転職をしたい方の中には、今の職場がブラック企業だからという方もいるでしょう。その場合、ブラック企業だから転職したのに、転職先もブラック企業なら元も子もありません。転職エージェントを利用する企業は、エージェントに会社の内情なども把握されていますから、あなたが応募する時に「あなたにとって何がブラックなのか」をエージェントが把握して、事前にそういった企業へいくことをストップしてくれます。

 

転職エージェントの選び方で覚えておくべき大切なコト

次に、転職エージェント選びで大切なポイントを5つご紹介していきます。

非公開求人の数|紹介できる求人案件をどれだけもっているか

転職エージェントが転職サイトと違う大きな点は、非公開求人があることです。企業側にとって、競合他社に対して重要なポジションの採用をやっていることが知られるのは、それだけでリスクになる可能性もあります。

つまり、重要なポジションの求人を出したいときには非公開求人が利用されルるケースが多いのです。そのため、転職エージェントを選ぶなら、非公開求人がどのくらいあるのかで選ぶようにしましょう。

専門性|転職先の業界・業種に詳しいこと

転職エージェント選びでもっとも大切なことは、利用するエージェントの専門性が高いことです。専門性を図る要素はいくつかありますが、ひとつポイントとなるのはアドバイザーの経験値と、転職したい業界や職種に精通しているかどうかいえます。

転職エージェントは転職サイトと違って、アドバイザーとなる担当者から希望の転職先を見つけてもらうものですので、自分よりはるかに業界について詳しいはずです。つまり、業界や職種についてよく知らないのに見当違いな求人を紹介されてしまうと、いつまでたっても内定に至らないといったことが考えられます。

このように、アドバイザーの力量によって今後のキャリアが左右さるかもしれないことを考えると、専門性の高いエージェントが多くいるであろうサービスを選ぶのがもっとも重要なポイントの1つだといえますね。

サービスの充実度|どこまで親身になって接してくれるか

転職エージェントに求めるサービス内容は人によって違うとは思いますが、例えば・・・

  • 履歴書の添削時に細かく見てくれる
  • 職務経歴書の良い書き方を教えてくれる
  • 業界知識について質問したらなんでも返してくれる
  • 転職の最適な時期を調整してくれる
  • こまめに連絡をくれる
  • 求人紹介数が多い など

また、入社後のトラブルや、その後のアフターフォローの体制が整っているかも大事な要素になるでしょう。

豆知識|企業ごとに違う就職に対する重み
例えば就職や転職系の最大手企業には「リクナビ」や「マイナビ」「エンジャパン」といった名前が上がりますが、実は両者は採用に対する重みが若干違います。例えばリクルートエージェントなどを運営する「リクルート」は、「採用に至るまでにあらゆる力を尽くす」という風習があり、反対にマイナビエージェントの運営をしている株式会社マイナビ、「エン転職」などを運営するエン・ジャパン株式会社は、「採用された後の定着率」に重きを置いています。

何れにしても、求職者は無料でサービスを受けられるため、使い倒すぐらいの気持ちで利用して、もし担当者との温度感に差があれば、また違う転職エージェントを利用するというのも、考え方によってはありだとは思います。

エージェント名 重きを置いているコト
リクルートエージェント 採用率・書類選考通過
マイナビエージェント 採用後の定着率
エン エージェント 採用後の定着率
DODA 正社員雇用

相性の良さ|複数の転職エージェントに登録して確認するのが大事

自分にとってどの転職エージェントが良いかは最初から判断できるものではありませんので、まずは複数の転職エージェントに登録し、何人か実際に会ってみて話を聞いてみるのも有効ですね。何人か会ってみれば、自分は何を求めていて、相手がそれに応えてくれるのかどうかの判断基準がわかってくると思います。

先ほど専門性が重要とは言いましたが、特定の業界特化型エージェントを利用と、総合型のエージェントにも、2、3登録しておくことで、それぞれに違った特徴が見えてきて面白いかと思います。

合わなければエージェントを変えるのもアリ

一度は良いと思って相談していても、やっぱり向いていないと思うこともあるでしょう。その場合は、転職エージェントを変更する判断もできますし、変更したからといって、採用のマイナス要素になるということもありませんので、最も相性がいいと思われる転職エージェントにであうまで続けることもできますし、エージェントサービス自体が違うと思えば、やめてしまっても問題はありません。

ただ、担当者のいうことが気に入らないといったなどで変更・辞めるということは、一旦待って頂きたいところではあります。彼らも求職者のためを思って言っている部分はきっと多いはずなので、感情だけで決めるのは、一度落ち着いてから考えましょう。

 

転職エージェントの利用の流れ|応募から相談して転職するまで

転職エージェントを利用するには、まず転職エージェントに登録をして、エージェントの方と面談をすることからはじまります。

1:転職エージェントに登録

まずはここの転職エージェントサイトの登録フォームから、プロフィールや学歴、前職の職歴などを入力して申し込みをしましょう。全てが必須項目ではありませんが、できるだけ詳細な情報を入力しておくことで幅広い求人への応募がしやすくなります。

  • 具体的な塩ごとない内容
  • 前職の年収
  • マネジメント経験の有無 など

登録情報を入力すると、担当者からメールか電話での連絡が入り、まずはエージェントとの面談の日程を組むことになります。

転職エージェントに登録すると言っても、実は転職エージェントには様々な種類があり、「業界特化型転職エージェント」と「総合型転職エージェント」が存在します。例えば・・・

業界特化型転職エージェントの例

  • 美容業界特化型(美容師など)
  • 事務職特化型(一般事務、医療事務など)
  • 医療系転職特化型(医師、看護師、薬剤師など)
  • 外資系企業(海外向け、コンサツファーム、エグゼクティブなど)
  • アパレル系
  • 広告系(広告業界、イベント系など)
  • IT系(デザイナー、クリエイター、エンジニアなど)
  • 士業系(会計士、弁護士、税理士など)

業界特化型はすでに手に職がある方向けと言っていいでしょう。傾向としては中小企業の求人が多く、狭き門と言われている職人系の求人案件を多く扱っています。

総合型転職エージェントの例

こっちは業界特化型とは違い、総合的に求人を扱っている転職エージェントになります。例えば大手企業への求人が多かったり、初めての転職、第二新卒から管理職系の求人に興味がある場合に有効です。

 エージェント 主な特徴
DODA 国内最大手の転職エージェント。転職ノウハウも多く保有しており具体的なサポートが手厚い。どの層にも人気。とりあえず登録しておくなら「DODA」一択。
JACリクルートメント 転職サポートは手厚いが、転職市場価値が低いと判断されると時間がかかる。
マイナビエージェント 転職が初めての方や20代前半の男性、女性の利用がおすすめ。
リクルートエージェント 案件数が多い。DODAと同じく登録しておいて損はない。
パソナキャリア 女性向けの転職サポートが人気。担当者の評判も良い。
ハタラクティブ 現在フリーターの方や、正社員になりたい方におすすめ。

2:面談&カウンセリング

転職エージェント担当者との面接時間は約1時間程度です。最初に時間をかけてパーソナリティーや今までのキャリアと今後の将来のプランなどを話し合い、希望に添ったものをご紹介します。また、特定の業界・職種に精通しているプロの転職エージェントがあなたに最適なキャリアプランを一緒に考えていきます。

  1. スキルの棚卸
  2. アピールポイントの確認とブラッシュアップ
  3. そもそも転職するべきなのか
  4. 今、どんな企業に内定をもらえそうか
  5. 職務経歴書の内定を取りやすい書類の書き方
  6. 転職にあたっての給与の希望など

3:求人案内

それぞれの転職エージェントが保有している求人情報を案内してもらえます。転職エージェントからの紹介はほぼ非公開求人になりますので、自分では見つけられなかった出会いがあるでしょう。その際、転職する上での希望を重視し、最適な企業をご紹介していきます。

当然ですが、紹介された企業のすべてに応募する必要はなく、その企業に応募するかどうかも、じっくり考えることができます。

4:書類添削&面接対策

次に、実際に応募する予定の企業に合わせた面接対策や書類選考を通過しやすくするための準備を行います。面接でよく聞かれる質問にも事前対策を徹底しますし、模擬面接もやってくれます。面接後にはあなたが評価されるポイントなどを確認し、詳細のフィードバックを行います。

客観的に見た自分の強みを把握し、改善点も把握できますので、本番の面接につなげることができます。

5:応募&面接

提案された求人情報の中から、応募したい企業が決まったら転職エージェントがあなたを企業にご推薦します。

6:内定&退職交渉&入社

希望の会社の内定が出た際には入社日の調整や条件の最終確認、そして現職の円満退職のための交渉を転職エージェントが行います。

7:入社後のアフターフォロー

全ての転職エージェントがやっているわけではなさそうですが、転職者のあなたが新しい職場で活躍できるような入社後のアフターフォローサポートを行っているところもあります。もし入社後に不安があれば引き続き転職エージェントに相談できます。

----SPONSORED----